小さい小さいおかず


b0027114_22113748.jpgごはんの献立で一番困るのはメイン
ではなく副菜、意外やハードルが
高いのがこんな小さなおかず。
いわゆる箸休めといったポジション。
主婦暦10年になろうかとする今でこそ
思いつくのだけれど、結婚当初は
給食で言うところの小さいおかず、
いわゆる副菜に頭を悩ませた。
そんな私がこんな小さな小さな
おかずの存在に気づくはずもなく。
ちなみに写真のピンクのは紅芯大根の
甘酢付け、茶色いのは出汁昆布の
和え物。どちらも超簡単でしかも
酢のものなので日持ちもして
お助けおかず。そう、酢の物って
目立たないけど、縁の下の力持ち的な
存在。大きいおかず、小さいおかずを
おいしく食べれるようにしてくれる。
そういえば、あの夏のコレもそんな
存在。こんな小さい小さいおかずの
レパートリーもっと増やしたいなぁと
思う今日このごろです。
by dbskaori | 2010-01-19 22:56 | 日々のごはん | Comments(2)
Commented by おもこ at 2010-01-21 16:30 x
あぁ、毎日悩んでますー。小さいおかず、副菜。
副菜はダンナの酒のアテになるよう、とか
むすこのごはんが進むように、とか…色々考えてると
メイン・サラダ・副菜が和洋中ごちゃ混ぜだったり(笑
わたしもdbskaori さんみたいに
さっと箸休めの一品を出せるようになりたいですー。
Commented by dbskaori at 2010-01-21 22:54
>おもこさん
酒のアテ&ごはんの友を兼ねたおかずかぁ。
それは大変だ。
でも、献立をたてるのが一番難しくて一番の楽しみだったりするかも。
小料理屋のおかみのようにサッと出してみたいものよね〜。


<< 小さいおかず 重ねてオイシイ >>