甘える相手


b0027114_21402248.jpg先日、久々にA子んちに遊びに行った。
少なくとも半年に一度は
会っていたのだけど、去年はなかなか
タイミングがなかった。A子は大学時代の
数少ない(というか唯一!?)の友人。
そして、私が心から甘えることの出来る
数少ない友人の一人。
この日もお昼ごはんから夕飯、そして
ムスコのお風呂までいただき、更には
夫の晩ご飯まで持たせてくれて。
まるで実家の母状態。ムスコも私が
すっかり寛いでいるからか、いつもの
『早く帰りたい〜』だの、
『おうちであそびたい』と言わず、
A子んちのAちゃんと長風呂まで
楽しんでいた。おかげで私はA子と
積もりに積もった話も出来、上げ膳
据え膳でゆっくりさせてもらい、
心の底から癒されたのだった。それは
ちょっと泣きそうになるくらいうれしい
出来事だった。
西宮と奈良、行くまでは遠いなぁと
思っているけど、行けば、案外近い。
友達って基本的にはギブアンドテイクだと
思うけど、A子の場合、与えてもらって
ばっかりだ。いつも何か私もしなきゃ!と
思うけれど、結局、それ以上にたくさんのことを
もらっている。尊敬する、ほんと。

写真はA子んちに行くときのお楽しみアミーンズオーブンのパン。
たんまり買って、ほくほくの朝食。
by dbskaori | 2011-02-09 14:31 | およばれ


<< 待望の雪 これさえれば。 >>