やさしさに包まれて


b0027114_224134.jpgご報告が遅れましたが、先週末のくるみ秋まつりにお立寄りくださった皆さまありがとうございます。
晴天に恵まれ、それはそれは暑い一日となりました(笑)そんな日にホットドリンクのご用意しかしてなくてがっかりさせてしまった方、ホントすいませんでした。また、そんな中でも飲んでくださった方、本当にありがとうございました。きっとジンジャー屋がどんなものかなんてご存知ないかたがほとんどの中でシロップやジャムなどの瓶詰めの話を聞いてくださり、ご購入くださった方もたくさんいらっしゃって本当にありがたかったです。2階のカフェスペースでの出店だったのですが、お隣にHACOさんやGALLARY963の面々で和やかな雰囲気の中、とにかくたのしく過ごすことができました。
更に、スズという助っ人もいてくれたので、付いてきたムスコも終始機嫌がよく助かっていたのですが。。。




この日は【はじめてのおつかい】というミッションを
ムスコが達成できたらいいなぁっと思っていました。
けれど超慎重で臆病で恥ずかしがり屋のムスコだから、
まずはとなりのHACOさんのドーナツを買ってきてもらおうなんて思ってました。
けど、速攻拒否されて(笑)けど、しっかり『おいしい』と大口開けて食べてましたが。
スパイスの利いたドーナツがおいしかった〜。
そんな中、何度かスズと二人で階下の屋台などのエリアに降りて、
抽選会に参加したり、ジュースを調達したりして(もちろんスズに頼んで)
帰ってきました。そして、何度目かに私と二人で降りていったときも
自分ひとりでは買いに行けず、、、ま、それでもはっきりと『ありがとう』
とは言えるようにはなってたけど。。。
フランクフルトを張り切って持ち帰って、みんなに自慢げに食べた後、
『もう一本食べたい』と言うので、じゃあ、『スズと代わるわ』と
スズに付き添いを頼んでいると、はっきりと『ひとりで行けるから!』と
両手で制してくるではありませんか!思わず『え!?』とフリーズしていると、
私の隣に同じようにフリーズしているスズがいるではありませんか〜!!
そうなんです。乳母のようなスズもびっくりするようなこの出来事。
多分、他人からしたら何を大げさな!と言われるかもしれませんが、
金魚のフン以上に私に執拗までにつきまとってきたムスコだったから、
もうこれは事件です!ってくらいビックリな出来事だったのです。
そして、ひとり、ひらひら〜っと降りていったムスコはしばらくすると
しっかり、ケチャップだけ(からし抜き)のフランクフルトを握って
戻ってきたのです。ちゃんとケチャップだけって言えたの?って聞くと、
お店の方が覚えてくれたって。そうなのよね〜。ここの施設の関係者は
どの方もほんとみなさん感じがよくて、やさしくて、子ども目線に
ちゃんと下りてくれる方ばかりでした。そのせいか、この後はムスコは
一人でふらふらと徘徊までしてました。もうビックリです!!!!!
ここまで書いてもやっぱりこれがムスコ的どんなにすごい事かは
伝わらないなぁと思う。あの日、初めてムスコに会った人は、
まさか彼が極度の人見知りで恥ずかしがり屋とはとうてい信じられない
だろうなあっと。
あの日、あのとき、あの場所、全てがムスコにとって
やさしさに包まれていたのだろうなって。
だって、この後、ムスコはいつになく素直でいい子だったから。

そして、ここ最近のムスコの態度に手を焼いていたことも、
なんだか原因が分かったぞ!と。きっと、学校生活で
揉まれて荒れていたのだろうなぁと。
子どもたちの関係を見ていると、少しでも自分より弱いと思ったら、
の瞬間から上下関係が生まれる。いじめの原型。
どうも高圧的な友だちにえらそうに言われたり、叩かれたり、、
というストレスで母へ当たり散らす事で発散しているのだと。
だからそんなムスコを毎日のように怒ったりなだめたり。。。
そんな平日のムスコが嘘のように、この日はおだやかだったから、
ああ、人ってやさしくされたらやさしくなれるんだなぁっと。
そんな当たり前の事に気付かされたのでした。

夢工房くるみのホームページに
『どんなに重い障がいがあっても「くるみで過ごせて、毎日が楽しい!
この地で暮らして良かった。」と心から思える生活が送れるよう、お手伝いをします。
「働きたい!」という願いを受け止め、実現できるよう、お手伝いをします。
仲間たちと力を合わせて働くことを大切にしながら、一人ひとり夢が叶えられるよう、
お手伝いをします。
地域の方々や福祉関係者と連携し、広く地域福祉前進のための活動を行います。』
とありました。

普段の様子を見たわけではありませんが、とにかく職員さんは皆明るく元気で
気持ちよくあいさつをしてくださり、何か自分に出来る事はないか?と
常に周りに気を配ってらっしゃいます。
利用者さんも、とにかくみんな明るく楽しんでらっしゃいました。
きっとそんなみんなのやさしい気持ちでいっぱいのこの環境だったからこそ、
ムスコは自然にふるまえたんだろうなぁっと。

とにかく、こんな機会を与えてくださったくるみ関係者さんに感謝の気持ちで
いっぱいです。本当にありがとうございました。
親子共々楽しい一日でした。


そうそう、屋台の焼きそばが妙においしくって〜。麺、肉、もやし、ソースだけの
シンプルさ。また来年も食べたいなぁ。。なんて(笑)

右下のアフロヘアのようなのはグレープ味の綿菓子。
なぜか、ムスコは紙コップに入れて食べてた。。。。

by dbskaori | 2012-10-29 23:41 | イベント


<< 秋の献立帖〜新米をおいしく 秋の夜長にジンジャーチャイ >>