秋の献立帖〜新米をおいしく


b0027114_22581391.jpg
秋です!ほんとにごはんがおいしく食べられる今日この頃です。
そんな食欲の秋になんといってもおいしいのがお米。もちろん新米です。
今月の料理会には、水分を多く含んだ瑞々しい新米をおいしくいただくために
ごはんがすすむおかずをあれこれ用意した【秋の献立帖】的なものに。
土鍋の蓋を開けた瞬間の湯気をまとったお米に歓声があがります。




b0027114_22593687.jpg
ご覧ください!この絶妙なお焦げ(笑)
土鍋で炊いたごはんは炊きたてがおいしいのはもちろんですが、
冷めてもとってもおいしいのです。
b0027114_2301369.jpg
魚を使ったおかずを、、と思い秋鮭を塩糀と白みそに漬け込んだものを焼きました。
ほどよく水分が抜け、白みその甘さと塩糀の旨味と塩味がほどよく仕上がりました。
お弁当のおかずにもいいですね。添えたのはみょうがの甘酢漬け。
こういうのがあると口の中がリセットされて、箸がすすむというものです。
b0027114_2303422.jpg
和食といえばどうしてもしょうゆ味の茶色いおかずが多くなりがちなので、
塩味の炒め物を。身近な材料で手早く出来て見栄えもするので
主婦には最高(笑)。海老と豆腐をニラを炒めてから最後に卵を入れて
まとめるだけ。これ、海老の風味を吸った豆腐がウマいのです。
b0027114_2311799.jpg
さっぱりしたおかず。。の代表格が青菜のお浸しだと思うのですが、コレに菊花とだしをとったあとの昆布とかつおぶしを細かく切ったものをポン酢で和えました。無駄がないし、菊花はなんだか料理上手になったような気になれる食材ですね。
b0027114_2315882.jpg
それと、忘れてはならないのがお味噌汁。近頃、ほんとにお味噌汁がおいしいなぁと思うのですが。
自家製の味噌が熟成がすすんで濃くなっているのですが、だんだん、寒くなってきたので
その濃さがおいしいのです。梅雨明け頃の早味噌は甘くて色も白く今のものよりあっさり。
そのときは、これが最高!と思っていて、そのまま熟成を止めたいものだなぁと思うのだけど
いやいや、秋、冬を季節を追うごとに、コクの増したお味噌がおいしいと思うのです。
そう思うと自然に沿っていていいなぁっと。寒い頃に仕込む意味はここにあるのかも!と。
とにかく、そんなおいしいお味噌汁、少なくとも一日一回はいただきたいところ。
この日はさといもときのこで秋らしい具です。
b0027114_2324146.jpg
食中にいあtだくのはやっぱりほうじ茶。あつあつのほうじ茶、おいしいですね。
b0027114_2325561.jpgそうそう、ナスの揚げ煮なんかも作りました。素揚げしたなすを熱湯をかけて油抜きをしてから軽く煮込むので
見た目に反してあっさり味。たっぷりの大根おろしと一緒に。写真にはなけれど、ほかに乱切りのれんこんのきんぴらや長いもときゅうりのごま酢和えやひも唐辛子の焼き浸しなどなど普段の食卓に添えたい副菜をたくさん紹介しました。
b0027114_2331860.jpgこんなやさしいメニューのあとだから、デザートもあっさりがいいなぁっと思い、りんごの蒸しパンに。凍頂烏龍茶と一緒にいただけばすっきりしました。
と、いろいろみんなに食べてほしくて品数が増えてしまいバタバタしてしまいました(笑)どれも簡単な普通のおかず。是非、それぞれの家庭で作ってほしいとおもうのでした。
献立帖。なんだか、たのしい。次は冬の献立帖かな?
by dbskaori | 2012-10-31 23:40 | 料理会


<< たくさんの出会いに感謝 やさしさに包まれて >>