出張料理会のお知らせ

前回の更新からずいぶん経ってしまいました。ネット環境が調子が悪かったのですが、
さんざん調べた結果、AirMacの寿命だったようで。新しいものにして解決。
お待たせいたしました。
イベントのお知らせです。
HACOさんでご縁をいただき、ずっとあたためてきた
イトウサトミさんの器を使った料理会の企画。
履き慣れたスニーカーのように。
洗いざらしのシャツのように。
色落ちしたジーンズのように
ピカピカしたよそいきでない、
けれど日常に溶け込んで心地よくなるような
そんな器を作っているイトウサトミさん。
着心地のよい日常着のような作風の彼女にリクエストを出したのはまだようやく
涼しくなった頃だった。ポンポンと歯切れがよく、率直に物を言う彼女に
陶芸のとの字も知らない私は気軽にこんなのが欲しい〜と
アレコレ注文を付けてしまったのですが、
その後の彼女の努力はきっと大変なことだったと思われます。
けれど、研究と試作を重ねてきっちりリクエスト通り、
いえ、それ以上の物を仕上げてくれました。それがこちらです。

IMG_0161
大きさは直径約29cmとかなり大きめの平皿です。
一枚一枚違う貫入(釉薬のひび割れ)に食品に用いる竹炭を染み込ませることで
より味わい深い表情を作っています。さらに経年使用で自分仕様になる
育てる楽しみのある器です。
まさにそんなところはジーンズのようではないですか?
IMG_0160
お皿の裏だって手を抜かず、
ざくっとしたリネンのような表情が素敵です。
白と言っても光によってグレーやベージュに表情を変えてくれる。
だから、飽きることなく繰り返し使いたくなる。そんな器だと思います。
実際、試作品をいただいてからは朝食に昼食に、もちろん大皿として
バーンと料理を盛ったり、おせち料理を盛りつけたり。
いろんなシーンで活躍してくれます。

IMG_0147
そんな懐の深い器と素敵な自宅ショップHACOさんを
お借りして出張料理会をさせていただきます。

題して『器と料理』〜日々の食卓を丁寧に

繰り返し作りたくなるような簡単でおいしい一品やアイディア、
ジンジャージャムを使ったレシピをいくつかご紹介させていただき、
(実際少しお手伝いをお願いします)
作った料理をそれぞれで盛りつけていただこうと考えています。
大皿に盛りつけるちょっとしたコツなどもお話させていただければと。
器のチカラを借りれば、いつものおかずもグッと格上げしてもらえます。

食卓を囲むことで人の気持ちは繋がっていく、
そんなことをいつも思って料理しています。
是非、そんな時間を素敵な器とともに共有できればうれしいです。

日時 3月7日(金)11時30分〜14時くらいまで
場所 HACO
定員 6名
持ち物 エプロン、筆記用具
参加費 ¥7500(イトウサトミさんの器、料理、デザート、お茶、レシピ、小さなお土産付き)
お申し込み 2/7(金)午前10時から
      une table (dbsdbskaori@softbank.ne.jp)もしくは
      HACO TORORU(haco-tororu@i.softbank.jp)宛に
      お名前・人数・連絡先(電話番号と携帯アドレス)を明記の上
      お申し込みください。
      折り返しお返事させていただきます。
by dbskaori | 2014-02-01 21:08 | イベント | Comments(0)


<< お知らせ 猫のいる生活 >>