料理がもっと好きになりました


器と料理 vol_2
怒濤のイベント月間がようやく終ろうとしています。
その最後を飾ったのは出張料理会『器と料理〜日々の食卓を丁寧に』@HACO
三月に続き二度目のこの会。どれだけの方がお申し込みいただけるだろうかと
ドキドキしていたのがひと月前でしたが、おどろくことに10時の受付開始とともに
メールが次々と。定員に達したのはあっという間のことでした。
それから、どんなメニューにするか考えに考えて。
ようやく完成したのは数日前のことでした。
普段、私が家族のため、友人のために作っている、マイニチ、ムリナク作れるものを
中心に。そして、とにかく野菜をたくさん。彩り豊かに。味のバランスだって大事にしたい。
色々欲張り過ぎたせいで本番の日のプレートはもりもりに(笑)
(この写真はレシピ用に事前に撮ったもので上品な盛りです)
b0027114_0111482.jpg
そして、当日ウレシ恥ずかしな気持ちでみなさまをお迎えしたわけですが。。
参加者の中には前回に引き続き二度目の方も数人。
料理上手な彼女(笑)に加え初めましての方も数人。お一人はなんと岐阜から
わざわざこのためにはるばるお越しくださったという(涙)
また、もう一方はなんと料理上手な彼女の知り合いだった!とか。うれしい驚きで始まりました。
今回も前回に引き続き、皆さんにお手伝いをお願いしながら、その間、わきあいあいと
した雰囲気の中、すすめていくことが出来ました。


b0027114_094856.jpgそして、よ
うやく出来上がった料理を前回同様、皆さんにそれぞれ、ご自身の器(お越しいただいた際好みの表情のものをおえらびいただいていたので)に盛り付けていただきました。途中、私が盛り付け忘れてるのをご指摘くださったり(大概、おっちょこちょいな私(^◇^;)
そして、今回も器を作って下さったイトウサトミさんも、交え「いただきます〜」。
イトウサトミさんの面白い「器の腹筋力」の話にみんなで大笑い。また、食べながら感想を言いあったり、レシピをおさらいしたり。初めて会った人同士でも「器と料理」がみんなをひとつに繋げてくれました。とてもとても和やかで満ち足りた時間でした。その間、テキパキと片付けをすすめてくれるHACOさんのサポートがどんなに心強かったことか。
vol.1、vol.2ともに初めてのHACOさんとイトウサトミさんとのコラボ企画でしたが、
普段、自宅で開いている料理会では味わえない達成感のようなものを感じました。
そう、ひとりでは出来ないことを誰かと一緒にすることでそれがよりパワーアップすることを。
その誰かがHACOさんとイトウサトミさんのお二人だったからそれが出来たのだと。
もちろんその場に参加下さった方々のお一人お一人の気遣いなくしては成立しません。

一方的な発信だったブログやインストがネット上だけでなく
このように直接お会いすることが出来、皆さまのご意見やご感想を伺うことは
本当に刺激をいただき、また励みになります。

うれしいそんな気持ちの余韻に浸り、翌日は興奮状態でしたが、
翌々日にお約束でダウンしてしまい、ご報告とお礼がおそくなりましたこと
お詫び申し上げます。

ご参加くださったみなさま、
HACOさん、
イトウサトミさん、
今回、定員オーバーでお越しいただけなかった方、
あたたかいコメントを下さった方。

本当にありがとうございました。

つくづく
「料理っていいなぁ。」
「器の力は偉大だなぁ」
「誰かと食卓を囲む時間は素敵だなぁ」
という思いを再確認しました。そして今までよりもっと
料理が好きになれた気がします。

食べてくれる人が目の前にいることはシアワセです。

またいつかこのような機会を持てたらと思います。


最後に今回のメニューを
「立夏のごちそうプレート」と題し、少し蒸し暑くなってきた頃に
食欲をそそる献立になればと。

◯玄米ビビンバ
(Gそぼろ、人参、大根、ほうれん草のナムル、炒り卵)
◯新じゃがいものチヂミ
◯揚げ野菜のG南蛮漬け
◯スナップエンドウとセロリのサラダ〜Gドレッシングで
◯アボカドの柚子胡椒マヨネーズ和え
◯紫玉ねぎとプチトマトの甘酢漬け
◯丸ごと新玉ねぎのスープ

◯ブランマンジェ〜マンゴーとオレンジのソースG風味
◯ジャスミンティー

当日の写真はHACOさんにお借りしました。
ライブ感伝わる素敵な写真をありがとう。
by dbskaori | 2014-05-30 03:51 | イベント | Comments(0)


<< うれしくて楽しくて泣きそうになる。 感謝を込めて >>