夏の思い出


IMG_8725
さて、今さらですが、夏休みの振り返りをしてみようと思います。
完全におのれの備忘録ですのでお目汚しになるかもなので
ご興味のない方はどうぞスルーしてくださいね。





b0027114_1625138.jpg
トップの写真の通り、イルカとのふれあいでした。

この夏は(久々登場!)おすすめの【イルカと泳ぐ】というプランでした。
わけあって新宮市に住むに会いに行くという口実もあって親子と一緒に
電車の旅を計画しました。

日頃、クルマでの移動がほとんどの私たちですが、片道4時間の道のりを考えて
珍しく電車の旅です。天王寺駅から特急くろしおに乗って、
途中駅弁&ビールに昼寝付きという電車の旅ならではの醍醐味と車窓を楽しみながらのんびり。
子どもたちは知らない子と3DS通じて友だちになったりと
オトナも子どもも非日常を満喫。
前日まで大雨だったと聞いていたので心配していた天候も
どんどん良くなってタノシイ旅の予感。
紀伊勝浦駅までが迎えに来てくれたのでこの日のお宿、
Hotel & RentaCar660コチラ素泊まりでレーズナブルなので子連れにも安心。
ロフト付きの室内は広くで快適。子どもたちもウキウキ。
荷物をほどいて水着に着替えて向かうはもちろん海!
こちらもおすすめの宇久井海水浴場
とにかく人が少なく遠浅で小さい子連れに安心な浜でした。
こちらで日が沈むまで波と砂と戯れた後は、ひとっ風呂浴びに連絡船に乗って
ホテル中之島へ。
こちらではお風呂だけの利用させていただきさっぱりした後は、広くて快適なロビーで
次の連絡船をのんびり待たせてもらいました。
そして、腹ぺこで向かってのは紀伊勝浦駅近くの居酒屋義兵衛さん。
居酒屋と思っていたらうどん屋さんだった。
どうりで子どもたちに頼んだ熊野牛のうどんがおいしかった(笑)
こちらで生ビールやお刺身盛り合せやイルカのお刺身!などもいただき、ええ時間。
ホテルに帰ってからはコンビニワインとチーザをアテにガールズトーク(?)で夜更かし〜。
夜更かししたけど、ちゃんと起きて朝ご飯食べてからこの度のメインイベントのため
向かうはホテルドルフィンリゾートへ。
こちらでイルカと一緒に泳ぐという夢のようなプランを実行するのです。
初めてウエットスーツを着てドキドキで水深3メートルのプールへ。
イルカに馴れるより深いプールが怖くてなかなかイルカと一緒に泳ぐというレベルには
行けませんでしたが、それでもイルカの背中をなでたり、足をイルカがかすめていったりで
ワーワー、キャーキャーの大騒ぎ。のムスコのSちゃんが
しきりにイルカに『やられる〜』だの『殺される〜』だので物騒でしたが、
ムスコはそれを見て大喜びという変な盛り上がりでした。
その後は更に深いプールに移動していよいよ本丸。
【イルカのひれにつかまって泳ぐ】という体験に。
お祈りポーズに手を組んでそれをイルカのひれの中心あたりにひっかけるようにして〜という
注意をみんなしっかり聞いて(若干ひとり無視してイルカに振り落とされそうでしたが(笑)
恐がりのムスコが一人でこれを出来るかかなり心配だったのですが、意外やすんなりと
するりとプールにはいってイルカのひれに掴まってスイ〜と泳ぎ出した時はびっくりして
ちょっと感動しちゃいました。スタッフの方が写真を撮ってくださるポイントで
一度目はピース出来なかったけど2度目はバッチリ。そんなところにムスコの成長感じたり。
けど、その後のイルカからチューのプレゼントはかたくなに拒否してて
やっぱり、、と思ったり(笑)
そういう私はばっちり2回共ピースサインでチューにも満面の笑みでした。
恥ずかしくてここにお見せ出来ないけど(笑)
とにもかくにもイルカのあまりの可愛さと賢さにすっかり癒されたのでした。
3DSばかりのムスコたちもここでは目をキラキラさせて夢中になっていました。
来年も来たいなぁ。今度はプールでもっと一緒に泳げるはずだし。

イルカに満足した後は川へ足をのばすことに。向かうは古座川。
海岸線から見える雄大な太平洋の海から、今度は山道をくねくねと走ると
美しい渓流が。エメラルドグリーンのグラデーションが本当に美しくて息をのむほど。
そして到着してのは一枚岩と呼ばれるあまりにスケールの大きい岩というか山肌。
フレームに入りきれないその壁のような岩と川との対比。
川には磨かれてつるつるになった石がたくさん落ちていてしばし水切りなどに興じ、、
しかし、空腹と暑さですぐに鹿鳴館という道の駅のような場所に移動。
こちらで絶景を眺めながらもりもりと唐揚げ定食やらさつまいもドーナツやらを。
そうそう、コーヒーもすごくおいしくて。
以前、上北山村のホテルのロビーで飲んだコーヒーがすごくおいしくて
おかわりしたほどなんだけどそれに匹敵するなぁって。
やっぱりコーヒーって豆も大事だけど水もそれ以上かもって。

そのあと、もう一度前日の海岸へ戻り海水浴。早めにホテルに戻りお風呂と晩ごはん。
そして、夜は花火にロビーのサッカーゲームや卓球でめいっぱい遊んだあとは
ちゃんの子どものSとNの激しい兄妹喧嘩におびえるムスコ。
どんだけへたれやねんと。。。

と、一人っ子のムスコにとってずっとにぎやかに過ごしてとにかく楽しそうだったし、
私は私でちゃんという娘のような二人と久しぶりに一緒にお酒を飲んで
馬鹿話や昔話ししたりで楽しかったなぁって。
何より気を使わない間柄なのでそれが一番ラクだったなぁて。
ひどく散らかった部屋をとがめる人がいないとか(笑)
和歌山の豊かな自然に圧倒され、もっともっと和歌山のことが知りたくなりました。
ムスコだけでなく私にとっても素敵思い出ができた夏休みでした。

IMG_0598
ムスコの夏休みの宿題、日記はもちろんイルカでしたが、工作の宿題のテーマも
もちろんコレで。
といっても一人で仕上げるはずもなく、プロデュ−ス父の下、アシスタント母の手を借りて
31日に仕上げましたとさ。

男子の作品と思えないメルヘンさ。
さすがムスコや(笑)
by dbskaori | 2014-09-06 17:31 | 旅行 | Comments(0)


<< 10周年ありがとうございます 夏の終わり秋の始まり >>