布自慢


b0027114_16135623.jpgb0027114_1614799.jpg
b0027114_16142063.jpgb0027114_16143569.jpg
布に目がないです。
といっても最近、話題に(?)なってるリネンものではなく、
こんな風に色のはっきりしたものが好みです。
いわゆるヴィンテージやデッドストックといわれるものに
好きなものがあることが多いです。
新しいものにはない魅力というものが絶対に存在するんですよね。
コレは言葉で言い表わすことは難しいですが、
要するに雰囲気というか空気感なのです。
なので、中古家具や雑貨を扱うお店に行くと
端っこで山積みなされてるところから探すのです。まるで宝探し。
コレも、まさにそう。たまたま入った薄暗いお店の奥の奥(倉庫?)から
掘り出しました!
『めちゃめちゃ色がキレイ!』しかも
『大きさが我が家のテーブルによさそう!!』
お店の人の話によると、スエーデンの布らしい。
『さすが北欧!』と変に納得。
なんだかうれしくて、いつものはしない端ミシンまでかけたので
ホントのテーブルクロスになりました。
普段はたいてい切りっぱなしなのでほつれ放題。
そして、発見!北欧の布には北欧の食器がぴったり。
当たり前だけど、いろんな食器を置いて眺めてみました。

上ふたつは我が家の定番のロイヤルコペンハーゲンのもの。
左はミルクピッチャーですが、こんな風に花瓶としても使います。
左下はフランスの古いもの。ちょくちょく登場してますよね。
右下はデンマークのデットストックのウッドトレイ。


by dbskaori | 2005-06-17 15:04 | インテリア


<< 焼売は意外と簡単 前菜が楽しみ! >>