肉団子の活用法①


b0027114_170153.jpg久しぶりにお弁当です。
肉団子をたくさん作ったのでこんな
使い回ししてみました。
まず、晩ゴハンには野菜と一緒に煮込んで
あっさりと塩、こしょうで味付けしたスープに。
翌朝は残ったスープにトマト缶とスープ
を足してミネストローネ風にして頂きました。
で、お弁当には片栗粉をまぶして
カリッと揚げた肉団子をケチャップ味の
甘酢にからめて中華風です。
この肉団子、すごくやわらかく
仕上がったのですが、その秘密は、
卵白で溶いた片栗粉を肉だねに
混ぜること。たったそれだけで、
ふんわりとやさしい口当たりに。
揚げても外はカリカリだけど、中はフワッとしてるんです。


しかも生地を混ぜるのも、手ではなく菜箸で混ぜただけ。
手も汚れずにラクチンでおいしいものが出来て卵白溶き片栗粉の威力にビックリでした。
この手はシュウマイにも使えるらしいデス。ちなみにきょうの料理から得た情報です。


by dbskaori | 2005-09-16 17:15 | お弁当 | Comments(0)


<< 肉団子の活用法② 料理会〜リクエストに応えてカレーの会 >>