ありあわせディナーの日


b0027114_11591281.jpg連休中に久しぶりに南果さん
行ってきました。
お借りしたまんまの本があったので。
本を返した私に南果さんが
次から次へとビニールに入れて
くれたものは野菜やフルーツでした。
翌日からご旅行に行かれるところ
ということで。
で、帰って早速、晩ゴハンの用意に
とりかかりました。
いつものように冷蔵庫の中のものを
総動員です。
ありったけの野菜をみじん切りにして
ベーコンと一緒に炒めて、トマト缶と
スープを加えてコトコトコトコト。
おいしく作るコツは野菜を
じっくり炒めてから煮ること。
少なくとも5分から10分は
炒めたいところです。
これをするとしないとでは
出来上がりに雲泥の差が!
b0027114_11571556.jpgb0027114_11573162.jpgと思って、ひたすら炒めるのです。
この日は私が野菜を切ったそばから
横で夫に炒めてもらったので
ラクチンだったのですが。
その間にパスタを茹で、
バターとチーズで和えただけの
シンプルパスタと頂いたナスは
ソテーして最後にバルサミコ酢を
ジャッとまわしかけて。
冷凍庫にあったバケットも並べたら、

結構見栄えのするテーブルになったような気が…。
ミネストローネはじっくり炒めたおかげで、全ての野菜の旨味が見事に合体し、今まででイチバン
おいしく出来ました。仕上げにはもちろんパルメザンチーズ。チーズの塩気がいいアクセント
になるのです。デザート代わりには、これまたいただいたミニトマトとブルーベリーで、
ありあわせとは思えない充実ディナーとなったのでした。
南果さん、ありがとうございました。。


by dbskaori | 2005-09-19 11:41 | 日々のごはん


<< いつもの!は鶏なんば 誰かに作ってもらえるということ >>