結局は食欲の秋。


b0027114_21412345.jpg
芸術の森をあとにして向かうは一如庵
そう、公園だけのために室生までは行きません。
もちろんオプション付きというわけです。
行って蕎麦がないってことのないように事前に電話で確保しておいたので
2時という遅い時間にもかかわらずちゃ〜んとお蕎麦頂けました。
古民家を改装されたお店は、手作り感がなく、ちゃんとプロの手によって
仕事がなされた感があり、本気度がビシビシ伝わってきました。
おろしととろろ、もりそばと3枚頼み、一品に天ぷらと玄米ごはんを注文しました。
蕎麦って実はいつまでも違いがわからない私ですが、どれもこれも丁寧に作られて
心からおいしいって思いました。でも、きっとそれは、お店の方のここちよい接客や
広々とした店内など、トータルで感じるおいしさなんだと思いました。
チビさん連れの食事はなかなかゆっくり出来ないのですが、夫も私もゆったりと
過ごすことが出来ました。
また公園に行くときは是非寄ってみたいお店になりました。今回は残念ながら
手挽き蕎麦や一の膳を頂けなかったので、次回は絶対に!!と心に決めてます。

ちなみに、こちらで頂いた玄米ごはんが私いたく気に入ってしまいました。
あのおいしさなら玄米マイニチ食べたいわ〜。。
by dbskaori | 2007-10-10 22:06 | おでかけ | Comments(2)
Commented by チャーミー★ at 2007-10-11 09:40 x
私も10月7日に一如庵sanへ行ってました~!!
私はお庭に向かって座る事のできるステキなテラス席で・・・。
一の膳でしたっけ??
コースのお膳を頂きましたヨ。お蕎麦もrichに挽き割り蕎麦で☆
イヤーン。
ママと同じお店に行っていただなんて!!
嬉し~い。
Commented by dbskaori at 2007-10-11 23:48
>チャーミー
や〜ん、一日違いやん。あのテラス席素敵やね〜。
一の膳に手挽きも食べたとはうらやましい限り。
今度は一緒に行きたいね。


<< これを手抜きと言わず何と言う ここちよい緊張感 >>