イマドキのチョコ事情


b0027114_2257427.jpg
あさってはバレンタインデーですね。
うちの夫婦間にはそんなのは関係ないのですが、先日、知人の
中学生のムスメさんのチョコ作りのお手伝いをしました。
最初、15人分くらいと聞いていたのですが、確認するたび増えていく。
当日、本人に聞くと40人分だって!!
『そ、そんなに誰にあげるの〜?』と聞くと、『友達』だって。
聞くと、今は女の子同士でチョコを交換するのが普通のバレンタイン。
【友チョコ】という言葉も初めて聞きました。
私らの時代はお歳暮やお中元的な意味をなしてた義理チョコ。
今はそんなことになっているんだ〜と妙に感心。。
料理会のメンバーにもいっぱい手伝ってもらって、なんとか
40人前の生チョコを仕上げました。かわいいラッピングもして。
正直、大変だったけど、いい勉強になりました。
友達の喜んでもらえますように。。

来年は是非、お母さんと一緒に頑張ってほしい。。。うん、がんばれ〜。

明治の板チョコ(ミルクとビター)と生クリームを合わせただけの
生チョコは意外なおいしさなのです。
お酒をたっぷり入れてオトナな仕上がり。
果たして中学生には吉と出るか凶と出るか…。。。
by dbskaori | 2008-02-12 23:11 | 手作り | Comments(2)
Commented by tomomo94 at 2008-02-13 16:27
えっ。友チョコ。
そんなことになってるんですね。若い子の中では。
生チョコ、おいしそうですね。
Commented by dbskaori at 2008-02-13 23:31
>tomomo94さん
tomomoさんもご存知なかったですか?
ホント、世の中の流行りには付いていけない子育て時代ですね。


<< ふぅ〜ふぅ〜と おみやげは雪だるま >>