カテゴリ:未分類( 38 )

オイシイ夜をゴチソウサマ


b0027114_23262273.jpg
b0027114_23264030.jpg
早速、またcoeurさんちのお食事会に誘って頂きました。
いつものように『みんなで作るから手ぶらで来てね』の頼もしいお誘い。
なのに、伺うと、もう全部出来てました!すいません、何のお手伝いもせず。
今日は野菜料理なの!の言葉通り、テーブルには色とりどりの野菜たちの
お皿が次から次へと運ばれてきます。
押し麦のサラダ、蒸し野菜とバジルソース、野菜たっぷりグラタン、きのこと
アーモンドのショートパスタ、玄米のリゾット風と盛りだくさん。
野菜だけとは思えないボリューム、そしておいしさ!
しかも、しかも最後のデザートはご主人作のバナナチョコチーズケーキ!!
クッキー生地の上にしっとりチーズ。バナナの酸味とチョコのほろ苦さが
マッチング〜emoticon-0148-yes.gifなおいしいケーキでした。
先日、我が家に集った際、チーズケーキを作ったことがあると聞いていたので
興味があったのですが、まさか食べれると思っていなかったので、大感激でした。
coeurさん夫婦の素晴らしいコンビネーションを垣間見た気がしました〜。
ご一緒させて頂いたHanaHousさんファミリー、Kさん、D君、タノシイ時間を
アリガトウございました。
そして、もちろんcoeurさん、オイシイお料理、タノシイ会話をゴチソウサマでした。
次回はまた我が家にいらしてくださいね〜♪
by dbskaori | 2008-06-24 23:32 | Comments(6)

検証


b0027114_2274014.jpg
実は、まだ決めれずにいるオーブン。
何をそんなに悩んでいるかと言うと、値段はもちろんですが、
それよりも問題は、最高温度と庫内の広さ、そして収納。
温度は300度か250度。庫内の広さは48ℓか35ℓ。
レンジ機能付きにするか否か、
そして、オーブン下に収納が付くか否か。。
今まで収納だったところに、ビルトインにするつもりなので、
これは結構な問題。。
温度については、300度は必要か?ということ。
高温で短時間で焼くとうまく仕上がるというピタパン(実は未経験)が
これなら抜群にいい感じに焼けるとはTさん談。
では、250度では焼けないのか?という疑問をcoeurさんがありがいことに
検証して下さいました。結果は250度でも問題なし。
ちゃ〜んと中が空洞になりました。
しかし、まだ問題は残ります。いつになったら決めれるのかしら?
こんなに悩むなんて私らしくないんだけど。。

ピタパンに合う具をと思い、クスクスのサラダとラタトゥイユを持参。
我ながら好相性で、こんなサンドイッチなら売れる!?と思いました〜。
もちろん、coeurさんのパンありきですが。

coeurさん、いつもいろいろ相談のっていただきありがとうございます。
そして、おいしいパンもごちそうさまでした。
by dbskaori | 2008-06-08 09:43 | Comments(0)

酵母イロイロ


b0027114_21551234.jpg
先日のイチゴ酵母、あえなく失敗に終わってしまったところ、
coeurさんに夏みかん酵母のパンをごちそうになりました。ほのかに感じる
柑橘系の香りがたまりません。オレンジピール(でしたっけ?)との
相性はもちろん抜群で、チビさんも私もパクパク頂いてしまいました。
しかし、酵母ってすごいですね。自然のチカラを借りると、
こんなにおいしいパンが焼けるなんて!
いや、酵母をあやつるcoeurさんがすごいんですけど。
私なんて、レーズン酵母ですら、作るたびに様子が違い、
いまだにオロオロしてしまう。
実は、今日レーズン酵母で仕込んだパンがかつてないほど酸っぱくて
凹んでしまった。。。う〜ん、本当にまだまだ修行が足りませぬ。
また、教えを請いに伺いますのでよろしくお願いしますね
by dbskaori | 2008-06-03 21:55 | Comments(0)

デザート付き


b0027114_2213841.jpg
b0027114_2214915.jpg
coeurさんによるバーベキュー。また誘っていただきました。
今回は本当に簡単なんだけど…とおっしゃってましたが、なんのなんの。
いつものように、おいしいパン(今回はピタパン)がありますもの。
お肉や野菜を挟んでこれまた贅沢ピタサンドです。
しかも、今回は素敵なデザート付き!しかも、アップルパイですよ〜!!
ダッチオーブンを使って見事に仕上げて下さいました。
時間や温度、、全て勘のようでした。すごい!
パーコレーターでいれてくださったコーヒーとともに頂くのは最高の贅沢。
木々が生茂っていたので、最高気温が30度を超えた日にもかかわらず、
快適温度で過ごせ、親も子も気付けばうとうと。。。
この季節は外あそびはしないほかないです。是非、また行きましょうね。
by dbskaori | 2008-05-05 22:01 | Comments(0)

こどもとつくる


b0027114_2314173.jpg
先日は素敵なお誘いありがとうございました。
コドモと一緒にクッキー作りだなんて!!
しかも、おいしいランチ付きで本当いつもありがとうございます。
しかし、ウチのチビがグズグズですいませんでした。
それにひきかえ、まめちゃんの集中力は素晴らしかったですね。
b0027114_23142919.jpg
コドモと一緒につくることはずっと憧れていたことだけど、
実際は本当大変。とにかく忍耐。待つ事が親の一番の仕事ですね。
でも、coeurさんちと一緒なら出来そうです。
また一緒に何か作りましょうね。
今度はウチのチビさんも集中出来るといいんですが。。。

出来上がったクッキー、さくさくでおいしかった。
今度、復習してみます。でも、その前にオーブンが欲しい。。。
by dbskaori | 2008-03-31 00:18 | Comments(0)

おいしい関係


b0027114_21404591.jpg
こちらのほうこそ先日は、ごちそうさまでした。
coeurさんがパンを持って来て下さるという事で、
こちらはスープとサラダという簡単なものしか用意しなかったのに、
とっても、充実の食卓になりました。
(自分のパンを味見してもらうのがかなりはずかしかったけど)
しかも、サラダは先日、coeurさんに教わったサラダ。
でも、このサラダ、なんとTさんにcoeurさんが教わったと聞いて
ビックリ。おいしいものはどんどん広がっていきますね。
私もその後も何度も作って、広めています。
そういえば、人参スープのトッピングにしたのはtさん(パンの)ちの
ディル。coeurさんと知り合ってから発覚しましたが、Tさんとtさんは
知り合いだったということ。
いやぁ、おいしい人脈もどんどんひろがりますね。
これからも、おいしいコト、モノ、ヒト、どんどんひろがっていくといいですね。
by dbskaori | 2008-03-08 09:04 | Comments(2)

めざせフワフワ!


b0027114_21415463.jpg先日のゴマパン、褒めてもらえて
かなりうれしかったです。
でも、実際に食べていただかないと!
と、先日ミルクパンを食べて
頂きましたね。
『もう少し発酵させたほうがいい』との
アドバイスのおかげで、かなり、
いい感じのフワフワパンが焼けました。
夫やチビさんには、このフワフワ感が
ウケがいいので、これはかなりうれしい
発見。
うちのオーブンレンジを見て
『これでこれだけ焼けるなんてすごい』
と言われ、やっぱりガスオーブンが
欲しくなりました。おいしいパンのため
買おうかな???
また相談に乗って下さいね。
by dbskaori | 2008-02-26 21:42 | Comments(0)

調子のってます


b0027114_0292960.jpg ゴマパン、こんな感じに焼けました。
今までで一番イイ出来かもしれません。
寒い日が続き、なかなか酵母が育たず
結果、約二か月近くパンを焼けず。。。
でも、パン種を仕込んでからは
ほとん毎日焼いているせいか、
勘(ってえらそうですが)が
戻って来たような気がします。
発酵にかかる時間や様子、クープの
入れ加減、オーブンの温度と焼き時間
等など、やっと自分のものになって
きたような…。
出来映えはチビさんの食べっぷりが
物語っていました。焼き立てに
かぶりつき、何度も『オイシィ〜』と
言い、すぐに『モイッコ、モイッコ』と
おかわりをねだってくれました。
こうなるとカアチャンは俄然やる気に
なります。次を仕込みたくなったのに
種がない。。あわてて仕込んだ種が
明日の夜には出来上がりそうなのでまた次を捏ねれそうです。
パン作りはオイシク、タノシイですね。マイニチ、ムリナク続けていきたいです。
by dbskaori | 2008-02-15 00:36 | Comments(2)

たまごのチカラ

先日の記事に見かねたcoeurさんが、早速作り方を教えて下さいましたよ。
折角なので詳しく皆さんにもご紹介しますね。
b0027114_23152954.jpg
まずは、型に紙を敷いてから。。それから
柔らかくしたバターを木べらで均一に混ぜます。
しかし、バター、こんな風に細かくしておくのですね。
私はいつも結構でかい固まりのまま軽くチンしてから使ってました。
『あ゛〜、まめちゃん、触ったらあかん〜』って。。
そして、砂糖も加え、全体に混ぜます…がここではお約束の白っぽくなるまで
空気を入れるように…というのはナシなのです。そう、目からウロコは
こういうところから始まるのです。塩、牛乳、ラム酒も入れて
b0027114_23154479.jpg
ざっと混ざったら、卵を入れるのですが、少しづつでなくて問題なし。
とにかく卵の量が一般的なものの倍は入るのですが、分離してもおかまいなし。
私の不安をよそにcoeurさんは『大丈夫、大丈夫』と余裕の笑顔。
本日は煮りんごとラムレーズンを。他にくるみや伊予かんピールなど、
なんでもいいそうですが、沈んでしまわないように薄力粉をまぶしてきます。
b0027114_23155629.jpg
振るった薄力粉とフルーツを一気に加え、ここからは
とにかくまぜる、混ぜる。練るって言葉が
ふさわしいいほど、重い生地を混ぜ腰をいれてまぜるまぜる。。。
薄力粉を入れたら練らないように切るように底から混ぜるって定説はどこに?
と、ここまでずっと木べらです。泡立て器じゃないんです。
そして、最初、締まりがなく、艶もなかった生地が盛り上がり、艶が出てくれば
もう成功したも同然。
b0027114_2316886.jpg
型に、真ん中を低く、側面を高くなるように(火の通りを均一にするため)
流し込み、オーブンへ。途中、ふっくら膨らんで真ん中に割れ目が入ります。
もう少しかかりそうということ。焼けるまでの間、チビさんたちとイチゴを
仲良くいただきました。…と、そうこうしてるうちに焼けてきました。
焼けたかどうかの目安は
◯ 紙が型から外れてくる
◯ 割れ目あたりを手で軽くおさえたときに生地の音が聞こえる(でしたっけ?)
だそうです。これはもうプロの勘ってやつですね〜。
b0027114_23162021.jpg
焼き上がったら熱いうちに紙をはがし、ラム酒と砂糖を合わせたものを
表面に塗りまくります。
ほんとは1週間くらい常温で寝かせたほうがおいしいそうですが、
折角なので、焼き立てもいただきました〜。
焼き立ても先日のに負けずと劣らず美味でした。
B・Pも入らないのに、ふっくらなのに、しっとりしてる。
これはたまごのチカラに違いない。手で押すと弾力を感じる。
先日の大豆に続き、食べ物の不思議とチカラだなぁ。

なぜ、失敗したのか??
小さくはいろいろあったけど、一番の原因は焼き足りなかったみたい。
coeurさんちのハイパーなガスオーブンに対し、
我が家は大丈夫?てほど元気のないオーブンレンジ。
同じ温度と時間設定でも上手くいかなかったよう。
次回は目で見て、手で触って焼けたか確認したいと思うのでした。
あ、あと、このケーキのおいしさの秘密のひとつは
絶対に砂糖にあると思う。
洗糖という砂糖、これがホントにおいしいのです。

coeurさん、お忙しい中、時間作っていただいてありがとうございました。
近いうちにおさらいしたいと思います。で、そのときは味見して下さいね。


バター 200g
塩 2g
粗糖 240g
全卵 4個
ラム酒 20cc
牛乳 20cc
薄力粉 220g

煮リンゴ 1〜2個分
ラムレーズン 適量

粗糖、ラムレーズン 適量

180度で約50分
by dbskaori | 2008-02-01 23:16 | Comments(4)

師匠作と弟子作


b0027114_23413827.jpg
以前、頂いたこのケーキ。もちろん左がcoeurさん作
あまりにおいしく、作り方を聞いたところ、
え?と目からウロコの作り方。
その後、何度も試してみるんだけど、どうも上手く行きません。
そう、右は私が焼きました。
味はいいのに、口当たりが全然違うんです。
ご覧の通り、目が詰まってるんです。
ふわっとした感じ、ないんです。
やっぱり、作ってるところが見たい。。。んです。
今度、お時間あれば教えてほしいです。
ホント、おいしかったから。。
by dbskaori | 2008-01-21 23:46 | Comments(5)