<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

入門インドカレー


b0027114_20465940.jpg
先日も少し触れましたが、今月の料理会のテーマはインドカレー。
Tさんが、インド人の友達に教わったという本格的なもの。
これにTさんアレンジが少し加わった料理と私発信のデザートで
アレンジインド料理です。

b0027114_20472387.jpg
カレー作りになくてはならないもの、それはスパイスです。
Tさんが神戸のスパイス屋さんから取り寄せてらっしゃるスパイスを
分けていただくことからカレー作りは始まりました。
そして、もうひとつ大事なことは蒸し煮という調理法。
マクロなどでもよく使われますが、野菜を炒めて蓋をし蒸し煮にすることで
旨味を引き出すのです。
これをするのとしないのとでは差は歴然なので、じっくり、じっくり。。。
で、こちらは以前ご紹介したトマトと卵のカレー
おいしさは言うまでもありません。

b0027114_20473685.jpg
そして、じゃがいものカレーも作って春巻きの皮で包んで揚げればサモサ。
ビール(今回はシンガポールのタイガービール)を呼ぶ、たまらないウマさッ。
そして、タンドリーチキンは、信じられないほどしっとりやわらか。
そして、スパイシーなお口のなかをさっぱりさせるのに最高なのが
千切り野菜のサラダ。おいしさの秘密は炒めたひき肉+レモン。
これは食べたひとしかわからないかもしれません。

b0027114_20474930.jpg
そして正しい食べ方も教わりました。
そう、手で食べるのがホントはおいしいんですよね〜。
そして、スパイスを潰す道具をお借りしたのでチャイに入れるスパイスを
これで潰したところ、香りがバ〜ッとひろがりました。おかげで香り高い
おいしいココナッツチャイプリンが出来ました。
しょうがシロップを+して更にスッキリと。。。


More
by dbskaori | 2008-01-29 20:47 | 料理会

スキな花


b0027114_205074.jpgあまり花の名前には詳しくはないけど、
それでもスキな花の名前は知っている。
その中のひとつが、アネモネ。
アネモネという、音の響きもスキ。
こんもりとした丸い感じで、色は
淡いものよりはっきりとしたものが
いいなと思う(そう、coeurさんと
似ています)。
そんなアネモネをMちゃんが
『絶対スキだと思って』とプレゼント
してくれた。
『正解です。』うれしいぃ。
茎は長いまま最初は飾るけど、飾る
スペースがないので、最終的的には
テーブルの上に、小さくまとめてる。
でも、この状態が一番うれしい。
だって、いつも目に入るから。
Mちゃん、いつもありがとう。
by dbskaori | 2008-01-29 16:59 | お花とグリーン

ダイズノフシギ

coeurさんに続き、私も味噌作り報告です。
Tさんちに、各自茹でた大豆と茹で汁、塩を持って集合です。

b0027114_122023.jpg
でも、その前にTさんのおいしい鶏団子入りお味噌汁(もちろん前年のお味噌!)
とおにぎり。そして、いつものように各自持ち寄ったおかずで充実の昼食。
そして、いよいよ、私、人生初のお味噌作りに取りかかります。

b0027114_123353.jpg
まずは茹でた大豆をビニール袋に入れて手で潰します。
この大豆、一晩水に浸けて戻したもの戻し汁ごとことこと茹でました。
茹で加減の目安は親指と小指で軽く潰せるくらい…だそうですが、初めてで
ちゃんと茹でれたか不安で、不安で。。。
当日、皆さんのと比べて安心しました。(といってもみんなそれぞれでした。)

b0027114_124526.jpg
そして、粗方潰せたら(ココは好みだそうです)、麹と塩を混ぜたものと
併せて更に、混ぜます。
私、麹って一体何物???と興味津々だったのですが、袋を開けて納得。
ポン菓子に綿菓子をまぶしたようなその正体は、そう、お米でした。

b0027114_13783.jpg
そして、またひたすら袋の上から潰す、潰す。。
この辺りでチビさんたちも参加。この作業なら安心して任せられます。
そして、硬さは茹で汁で調整。少しづつ、少しづつ足して味噌の硬さを
目指します。
そして、いい塩梅になったら、ハンバーグを捏ねる要領で味噌玉を作り、
容器の端や壁面めがけて、投げつけます。こうすることで空気が抜け、
カビが出来にくくなるそうです。
そう、空気が味噌作りの最大の敵なのです。

b0027114_132162.jpg
そのため、表面は完璧に平らに整えなければいけません。
が、私は何度やっても真っ直ぐにならず、『これでいいっか』と
勝手に自分にゴーサインを出したところ、coeurさんにダメ出しを
いただきました(笑)
どうやら、最初に豆を潰すときに粗くし過ぎたせいで真っ直ぐに
なりにくかったみたい。
こんなところで、ざっぱな性格発揮してどうするん?って反省です。
まぁ、結局、coeurさんに直してもらったのですが。
そして平らにならした表面に、ラップをピチッと、空気が入らないようにし、
容器の側面や蓋の裏側などに焼酎で消毒し、落としぶた、重石、蓋を
重ね、新聞紙などでくるんで冷暗所に置いておくと9月ごろには
おいしいお味噌が出来上がる…ということです。
その際、出る水分がもろみしょうゆになるそうです。
これで、お刺身をいただくと、さぞ、おいしいでしょうね〜。
しかし、大豆ッてすごいですね。そのままでもおいしいのに、
お味噌になったり、しょうゆになったり、豆腐にもなるし、
しかも、その茹で汁もおいしいんです。
そして、一口に大豆を茹でるっといっても、出来上がったものは
それぞれ全然違うんです。こうなるとお味噌もみんな違う仕上がりに
なるでしょうから、是非、味噌比べをしたいものです。
味噌料理大会いいかもなぁ。。。

覚え書き
大豆 1.5kg
麹 3kg
塩 750g
by dbskaori | 2008-01-24 01:03 | 手作り

師匠作と弟子作


b0027114_23413827.jpg
以前、頂いたこのケーキ。もちろん左がcoeurさん作
あまりにおいしく、作り方を聞いたところ、
え?と目からウロコの作り方。
その後、何度も試してみるんだけど、どうも上手く行きません。
そう、右は私が焼きました。
味はいいのに、口当たりが全然違うんです。
ご覧の通り、目が詰まってるんです。
ふわっとした感じ、ないんです。
やっぱり、作ってるところが見たい。。。んです。
今度、お時間あれば教えてほしいです。
ホント、おいしかったから。。
by dbskaori | 2008-01-21 23:46

予習と復習


b0027114_22492727.jpgb0027114_22494042.jpg
今年最初の料理会のテーマはインドカレー。
そう、先日知り合ったTさんに教えて頂いたカレーなんです。
いつものメンバーとの料理会の前に、Tさんに出張して教えていただきました。
(Tさん、ありがとうございました!!)
そして、いよいよみんなに発表する前日、更に気分を盛り上げるために
久しぶりにオームにいく事に。(いや、正式にはAUM Sweet AUMというらしい。。)
もう何年ぶりかしらん?
しかし、いついってもここの【ゆるさ】にはやられてしまう。
料理はインドなんだけど、店内というか家の中にはアジアやアフリカの置物や楽器が
ゴロゴロ。。かと思えばかわいいトイプードル…と思ったら生後間もない赤ちゃん犬を
連れてきてくれるオーナー夫婦。なんだか癒されます。
しかし、頂いたカレーはどれも本気。スパイスがビジバシ効いてます。
自家製ヨーグルトはそれだけだと、かなり酸っぱいけど、カレーに混ぜると
まろやかになり、美味で後味もスッキリ。
でも、私のイチバンのオススメはサモサ。手作りの皮がタルトかパイのように
サクッとして、中のじゃがいもと合うんです。
作り方やスパイスのことを奥さんから伺ったせいか、
すっかりインド気分が盛り上がり、翌日の料理会はうまくいきました。
この調子で後半戦まで頑張りたいとおもいます。
報告はまた後日…ということで。
by dbskaori | 2008-01-21 23:18 | おでかけ

Viva 縄文カフェ


b0027114_15533849.jpgb0027114_1554019.jpg
少し前の話ですが、こんな場所を訪れました。
名前はまだま村、茨木市の山の中にあります。
夫から『なんだかよさそうな場所があるよ』と教えてもらい、HPを見たのは随分前。
ある日、急に思い立って、いつもの夫、私、チビ、の4人で出掛けました。
しかし、道に迷う事しばし、なかなか目的地にはたどり着きません。
それもそのはず、てがかりのカンバンも風景に同化してうっかり見逃していたのです。
そして、やっとたどり着いたのは竹林の中に埋もれるようにたたずむ茅葺き屋根の
どっしりとした【縄文式住居】まだま村です。
いわゆる田舎風とか手作りの〜とは一一線も二線も画す雰囲気は中にはいっても
更に感じます。薄暗い広々とした店内には大きな囲炉裏。薪がパチパチと音を立てて
いました。非常に寒い日でしたが、格子窓はあけっぱなし。
なぜなら、外の木々を取り込んだ借景があまりにも美しいのです。
大きすぎず、小さすぎないBGMやスタッフの方たちの付かず離れずの接客、
なにより行き届いた掃除(特に化粧室やそこへ続くお庭!)素晴らしかったです。
チビさんがとても居心地よさそうだったのが印象的でした。
少しお話させて頂いた村長さんのお人柄に全てを納得したのです。

実は行ったのはクリスマスイブの日。
こんな日にここに来ているお客さんに妙な親近感を持っちゃいましたよ。

ちょっと遠いけれど、いつかまた行きたい。
そんな場所、まだま村。
by dbskaori | 2008-01-18 16:16 | おでかけ

パンのあるしあわせ、いやジャムか。。


b0027114_2259302.jpg
パン種を切らしてしまってから、ついついパン作りがご無沙汰に…。
なので、買うわけだけど、そういつもおいしいパンに巡り会えず…。
でも、この日はcoeurさんの食パンがありました!(冷凍しててよかった)
しかも、H氏から頂いたエス・コヤマのイチゴジャムまでもが!
H氏はいつもおいしいモノを教えてくれる私にとってのグルメ番長!
このコラボがおいしくないはずがなく。。
血糖値がぐぐぐっと上がって元気になれたある日の朝食でした。
しかし、このジャムのパッケージの懲りようったら。。
アリンコかわいいです。
by dbskaori | 2008-01-11 23:05 | いただきもの

やっぱりオイシイッ


b0027114_22144238.jpg久しぶりに梅田に買い物に出掛けたので
絶対に買わねば!と意気込んでいたのは
大好きだけど、すっかりごぶさたに
なっていたブルディガラのパン。
久しぶりということと、お昼時で
込み合っている店内の雰囲気に、
気付けば、アレコレとトレイに
載せてしまってました。
チビさん連れではイートインはちょっと
ハードル高そうだったので、
お天気もよかったので、靭公園に場所を
移しました。
ベンチに腰掛けてひなたぼっこしながら
頂くパンのおいしいこと。
甘いの辛いの、かたいのやわらかいの
どれをとってもハズレがありません。
ビジュアル買いしたこのパンも、中に
コクのあるきのこのクリームソース。
あ〜、うまかったす。
もっと食べたいぃ〜。
by dbskaori | 2008-01-11 22:36 | 日々のごはん

はじめてのどうぶつえん

『ぼくはうまれてはじめてどうぶつえんにいきました』
というわけで、チビさんの連れて王子動物園へ行ってきました。
b0027114_22563636.jpgb0027114_22564849.jpgb0027114_2257058.jpg
実は私、お正月早々『はじめてのおつかい』 で号泣。
年々、コドモものに弱くなっています。
コドモものと並んで、最近弱いのが動物もの。
チビさんに『本物に会えるんだよ!』と言ってる自分が、
行く前からワクワクドキドキ。
ウン十年ぶりの動物園。正直、得意じゃなかった。。。
はずなのに、気付けば、チビさん以上に大興奮。
まるで、動物写真家のように、撮る、撮る、撮る!!
いやぁ〜、動物って撮りがいあります。
特にジャガーのしなやかさと毛並みのよさ!それから
サービス満点、いろんなアクロバティックな動きを披露してくれる
チンパンジーのかわいさにはやられてしまいました。
象やきりんも実物に感動でしたね〜。

朝、急に思い立ったのでお弁当もなしで全く食べ物ネタがないので
おやつにこんな豚まんを買いました…が。。。
次は絶対にお弁当持参だ!

いつ行けるのかといまから楽しみなのでした。
by dbskaori | 2008-01-07 23:14 | おでかけ

オイシクタノシイ時間


b0027114_2320484.jpg
b0027114_23202048.jpg
今年最初の美味しく楽しい時間はyomukachanSちゃん夫婦との時間でした。
4人揃って会うのはホントに久しぶりだったので、もう何日も前から
そわそわ、そわそわ。熱出さないか心配だったくらい。
何が食べたい?と事前に聞いたところ、Sちゃんも一品作ってくれるとのこと。
ひとつ楽が出来たので、お花でも飾ってスタンバイ。
玄関で迎えたときはなんだか涙が出そうなくらいうれしかった。
いつものようにおいしいお土産もいただいちゃいました。
チビさんも、アンパンマンのおもちゃをもらえて上機嫌。

まずはビールでカンパ〜イ。ノドが潤ったところで
yomukachanのオススメのワインをいただきました。
コレがほっんとに、するするっとノドを通る品のあるワインで
手前味噌ですが、おつまみにと出したカマンベールとリンゴの
春巻きに最高においしかった。
そして、メインに頂いたSちゃんの豚のママレード煮がまたまた
ウマウマで、みんなで『おいしいぃ〜』を連発。
おいしい料理とワインで、話に花が咲きまくりで、泣いては笑って、
また飲んでは泣いて笑って…と大忙し。
そう、年をとると涙もろくなっていけません。

More
by dbskaori | 2008-01-05 01:37 | 日々のごはん