売ってよし、買ってよし、学んでよし


b0027114_17152017.jpg

新しい年が始まるとなんだか気持ちも新たになるものですね。
2012年の秋に始めた三方よしの日もなんと4年目です。
月イチ開催でしたが、今後は偶数月のみ開催いたします。
その代わりに不定期に講師をお招きし、いろんなワークショップを
していだだくつもりです。
題して

売ってよし
買ってよし
学んでよし

で三方よしの日です。

子どもの頃は例に漏れず勉強が嫌いだった。
興味のないことを勉強するなんて。
けれど、オトナになると
どうしてちゃんと勉強しておかなかったんだろうと
後悔することもしばしば。
その反面、好きなことや興味のあることは
自然と頭に入るものだったりする。

そう、好きなことだけ勉強できるのはオトナの特権。

だから、知りたいことや興味のあることには
貪欲になろうと思うのです。

まず、第一弾はgraf所属でファンタスティックマーケットを主催されていて、
ご自身は中国茶の魅力にはまり、今では、graf オリジナルブレンドティーの
商品開発や、お茶会、ケータリングなどをされている川西万里さんをお招きして、
小さな中国茶の会を開いていただくことに。
ずっと興味がありながら、なんだか難しそうとか、敷居が高いのでは?と
思っている方も多いのではないでしょうか?
初心者の方でも気軽に参加していただけるお茶と点心を
楽しんでいただける会です。

何より私自身は人生二度目のお茶会体験。
初めてのときの印象は全然難しくない〜、
ただおいしい〜とかたのし〜でした。
なので、またそんな時間を楽しみたいと思って、
またまた職権乱用でお願いしたわけです。

ちらっとでも、むずかしそ〜とか思った方は百聞は一見にしかずです。
是非、ご参加して、その先入観を打ち破ってください。

そして、もちろん三方よしの日コラボです。

coeurさんの天然酵母パンを使った点心と私ユヌターブルの
ジンジャージャムやシロップを使ったデザート、
そして、テーブルにはhanahou!さんのお花をあしらって。

忙しい日常の中でお茶を飲むという行為は喉を潤す以上に心の渇きを癒し、
リラクセーション効果があると思うのです。

川西万里さんのお人柄も素晴らしく、福を運んで来てくださるようなお方です。
是非そんなお人柄にも触れていただければと思います。


◯川西万里さんによる中国茶の会

コトコトと湯が沸く音、茶葉をみて香りを嗅ぐこと、
すっと背筋を伸ばし、湯を注ぎお茶を入れ、味わうこと。
中国茶を美味しく入れ、楽しむひととき。

季節の中国茶とcoeur さんのつくる点心とユヌターブルのデザートで、
美味しく楽しい中国茶の時間をお届けします。
皆様の参加をお待ちしております。

※お子さま連れでもご参加いただけますので、気軽にいらしてください。
ただ、スペースの関係上、事前にお問い合わせください。

日時:2016年2月15日月曜日
1回目 10:00 - 12:00 残席2
2回目 13:00 - 15:00残席3
場所 :coeur邸(最寄駅 学研奈良登美ヶ丘駅)
ご予約いただいた方には詳しい行き方をメールにて案内させていただきます。

※ネコがおりますので、予めご了承ください

料金:4000円
定員: それぞれ6名様
内容:中国茶3種(お茶請け/点心/デザート付き)

メールにて受付を始めます。

件名 三方よしの日中国茶の会
①お名前
②ご希望の時間
③ご連絡の取りやすいメールアドレス
④参加人数

を明記の上sanpoyoshinohi@gmail.com
までお申し込みください。

24時間以内にお返事させていただきます。


そして、3/6(日)はいりこのワークショップ。
日々のごはん作りですっかりお世話になって
我が家の食卓に無くてはならない存在のいりこ。
こちらのだしの取り方や簡単おいしいレシピなどを
香川のやまくにさんがおしえてくださいます。

こちらは後日詳細をともに受付開始日をお知らせさせていただきますので
もう少しお待ち下さい。

今後も多彩な講師陣をお招きする予定ですので
楽しみになさっていてくださいね。


また、通常の三方よしの日のスケジュールとゲストは以下の通りです。

2/3(水)◯asuka bio marche kitchen 自然料理人 高橋慎也さん
  無農薬野菜のスープ、ディップなど
     ◯saredo

       ニットキャップや靴下など

     
      ◯gomecafe(4月オープン予定) 
      コーヒーなど

4/13(水)◯coeur.ya
彫金アクセサリー
     

      ◯comecafe
ローケーキ

6/23(木)◯kasi
焼き菓子など
# by dbskaori | 2016-01-19 17:16 | 三方よしの日

久しぶりの出張料理会


b0027114_14262346.jpg

暖冬とはいえ、やはり冬はお鍋を囲む機会が多いもので
近頃は友人を招いた際にもちょくちょく登場します。
でも、そんなときあれこれ欲張らずに具はできるだけシンプルを
心がけています。
女子ばかりの集まりではみんなが一品持ち寄ってくれることも
多いので、それぞれを邪魔しないようなものを。
よくするのが塩糀鶏とネギの豆乳鍋、鶏南蛮蕎麦風鍋、
豚しゃぶと白髪ネギなど。
そして、子どもが多いときにウケるのが水餃子。
みんなで粉にまみれて生地をのばして、餡を包む。
大変そうに思える作業も意外と小さい子も上手にしてくれるので
会が終わる頃にはこどもたちだけがキッチンにたって、オトナは
食べるだけ。なんてことも可能です。
そして、水餃子の魅力はなんといってもつるつるもちもちの皮の
おいしさではないでしょうか?

土鍋を囲んで、茹でたてのものをみんなでいただくのは格別です。

そんなお鍋を囲む料理会をこの度、奈良のフィールドノートさんで
させていただくことになりました。

しかも、市川孝さんの土鍋を使わせていただきます。
耐火皿を愛用しているのですが、シンプルでいながら、その使い勝手のよさと
使い込むほどにその変化を楽しめる器。
そんな懐の深い市川さんの土鍋では水餃子を茹で、耐火皿を使ってデザートでも
作ってみようかな。
また、私らしく生姜がジンジャージャムやシロップを使ったお料理も
紹介してみよう。
おいしいお酒でもあれば最高だけど(笑)
刈谷農園さんの新生姜を使った炊き込みごはんでおにぎりむすんで。
そんなプランを考えています。

『一緒にお料理して、食卓を囲みませんか。』

お料理教室ではありませんので
私もちゃっかり一緒にいただきますね。
テーブルを囲んであつあつの水餃子を食べながら、
たのしい時間をすごしていただければうれしいです。

写真は以前、自宅での料理会の写真です。

【une table あったかお鍋table】

日時 2/26(金)11〜15時くらい満席になりました。

料金 4.500円(お鍋昼食とデザート、レシピと小さなお土産付き)

定員 8名様

開催場所 FIELD NOTE
〒630-8014 奈良県奈良市四条大路2丁目2−77
     0742-36-7227
     定休日 月
     営業時間10〜18時

ご予約はFIELD NOTEさんの営業時間内にお電話にてお申し込みください。
明日5日から営業されます。

今年はジンジャー活動だけでなく、料理会もたくさん出来るといいなぁとの
抱負を叶えるべく、お味噌の会に続いての、第二弾です。

オイシイやタノシイをご一緒させていただければうれしいです。
# by dbskaori | 2016-01-04 15:09 | 料理会

2016お味噌の会のお誘い


b0027114_1847633.jpg


あけましておめでとうございます。
またしても前回の更新からずいぶん時間があいてしまいましたが、
今年も細々と綴っていきたいと思います。
何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、早速ですがお知らせをさせてください。

それは、お味噌の会のお誘いです。

毎年、友人たちと仕込むのが冬の慣例行事をなっているのですが、
年々、その輪は広がって、毎年、あちこちで『どうやったら参加できるの?』と
お声をかけていただきます。

ジンジャー活動とは別に私のライフワークでもあるのが
もう15年は続けている料理会。
その中でもお味噌作りは特別な恒例行事です。
ほぼ毎日いただくお味噌汁を自分で仕込んだお味噌で作れることは
日々のごはん作りをする主婦にとって些細なことだけれど大きな喜びです。
2008年にセンパイ方に教わって始めたお味噌作り。
やってみるまでは不安でいっぱいでした。
初めてやったときの感想は単純な作業だけど
結構な重労働と下準備だなぁという印象でした。
ただ、そう感じたのは初年度だけで、次からは余計な力が抜けて
ただみんなでお喋りしながら仕込んだり、
その後におにぎりやお味噌汁のおひるごはんを
モリモリいただくのをとにかく楽しんでいます。

それからは、お味噌作りの仲間がどんどん増え続けているのですが、
参加のご希望の方には下準備の仕方や用意するもの、また注意事項などを綴った
長〜いメールをお送りするのですが、毎年、躊躇される方が一人か二人(笑)
確かに働いてる方には前日の準備が大変かもしれませんし、
また、遠方からお越し下さる方には重い荷物がハードルが高いかもしれません。

そこで、私考えました。
あれこれと。
どうしたら、いろんな方にお味噌作りの楽しさやそのおいしさが伝わるかと。

そこで、こちらで全てご用意し、材料の選びかたや大豆の茹で加減などを
見ていただき、一緒に豆をつぶし、塩や糀を混ぜて、仕込んだお味噌を
少しずつお持ち帰りいだけるようなプランもあればなぁという結論に。
しかも、そのお味噌を入れる壷がステキな作家さんに特別にお作りいただいた
味噌壷だったりしたら、もっとうれしいのでは?と。

この計画を陶屋なづなさんに相談させていだたいたところ、
かねてより憧れていた城進さんに今回のために特別に味噌壷を
お作りいただけるという幸運に恵まれました。
それが、写真のものです。
鉄絵が施された城さんらしい意匠のものです。


b0027114_18425740.jpg



こちらの味噌壷に直接お味噌を仕込んでいただきます。

また、今回は上記の手ぶらプランと従来の好きな量の大豆を各自茹でて
持ち寄るプランの2タイプをご用意しました。

そして、今までは非公開での料理会でしたが、
思い切ってブログでの募集しちゃいます(笑)

以下、お味噌の会の概要です。


◆お味噌の会
A こちらで全て用意させていただく手ぶらでお越しいただけるプラン

開催日  ①2月13日(土)11〜15時頃(定員に達しました)
     ②2月18日(木)11〜15時頃(定員に達しました
定員   それぞれ5名さま


参加費用 城進さんの味噌壷代7,560円(税込み)
     料理会費5,500円(おひるごはんとデザート、レシピ付き
     お味噌を5〜600gほどお持ち帰りいだだけます)
     
     ご希望の方には仕込んだお味噌と味噌壷のお荷物の発送も実費で承ります。

B 従来通り各自好きな量の大豆を茹でて潰したものと容器、
     好みの塩を持って来ていただくプラン

※お好きな量を仕込んでいただけます。
初回は大豆500gが気軽にしていただけますし、荷物も軽くて済むかと。ただ、帰りは重くなります。
仕込みの準備などについては参加が決まった方にメールでご案内させていただきますが、ご質問あれば気軽にお問い合わせください。
      

開催日  ③1月26日(火)11〜15時頃
     ④ 1月27日(水)
 都合により中止とさせていただきました    ⑤2月12日(金)11時半〜15時半
     ⑥2月17日(水)11〜15時頃

定員 それぞれ6名さま

参加費用 料理会費4,000円(おひるごはんとデザート、レシピ付き)と
     糀代実費(1キロにつき約800円大豆1キロ仕込む場合は2キロの糀が必要です)
     ご希望の方には荷物の発送も実費で承ります。

※こちらのプランでも味噌壷をご希望の方は6月以降のお渡しでよろしければご用意は可能ですので一度その旨をご相談ください。


どちらも開催場所は自宅マンションです。
(最寄り駅は近鉄奈良線東生駒駅下車徒歩約5分)
あいにく専用駐車場がございません。
おクルマの方は駅前の有料のコインパーキングをご利用ください。

ご参加が決まった方には詳しい行き方をメールにて
ご案内させていただきます。


ご予約は1月3日の10時より承ります。
お申し込みの際
①件名 お味噌の会
②お名前
③ご希望の日
④参加希望人数
⑥連絡のとれるアドレスと差し支えなければお電話番号

を明記の上

gingerunetable@gmail.com


までお申し込みください。

お返事は24時間以内にさせていただきます。
万が一返信が無い場合はメールが届いていない可能性が
ございますので、こちらのコメント欄に非公開でコメントを
残してください。
ご質問なども上記のアドレスにお気軽にお問い合わせください。

トップの写真は2015年のお味噌の会の後にお出しした昼食です。
内容は時々で変わりますが、おにぎりと野菜中心のおかずとお味噌汁にデザートです。
自宅でもすぐにお作りいただけるような簡単なものばかりです。
レシピをお渡ししますので繰り返しご家族の方に作っていただけるとうれしいです。


私は決してお料理の先生ではありませんが、料理を通じて人が人とが繋がっていくのがただうれしくて料理会を続けています。なので、教えることはできませんが一緒に楽しんでいただければうれしいです。


今年もたくさんの方とひとつの食卓を囲んで
オイシイやタノシイを共有できることを願ってやみません。

今年もマイニチムリナクオイシクタノシクおつきあいくださいませ。





     

# by dbskaori | 2015-12-30 00:16 | 料理会

はじめましてユヌターブルです。


syrup
はじめましてune table(ユヌターブル)です。

なんて書くとずっとこのブログをご覧になって下さる方は『?』となられるかと思います。

ただ、近年のSNSの発達や手づくり市などのイベントが各地で盛んに行なわれ
色んなところでGのシグネチャーを目にしていただく機会が増え
きっといろんな検索エンジンからこちらのブログを見付けていただく方も同時に
増えていると思われます。

そのときに肝心のGのことがどこにも書いてなくて困惑させているのではなかろうかと
思い、改めてといいますか、初めて自己紹介のようなものをここに記しておくことに
しました。


まずune tableという屋号ですが、これはこのブログを開設したときのタイトルをそのまま使っています。
テーブル、食卓ということで食べることにまつわるあれこれを綴ろうと思ったからです。
料理をし、食べること。そんな単純な行為だけれど生きる上で一番大切な行為が
こころの底から好きなのです。
そして、だれかと食卓を囲む時間が何よりも愛おしいと思うから。
家族や友人はもちろん、初めて会ったひとでも食卓を一緒に囲めば
いつもまにか親しくなれる。
そんな魔法のようなチカラを持っているのが食卓だと思うのです。

月に一度、友人たちと一緒に作って食べて飲んでおしゃべり。
そんな小さな料理会という場がきっと私の原点。
子どもが生まれてからは友人たちに子守りをしてもらいながら細々と続けてきました。
そして、『おいしい』は誰かと共有すればもっと楽しい。
そんな思いの延長上にあったのがイベントへの出店でした。

確か最初はカレーパンとジンジャーエール。焼きそば挟んだピタサンドとジンジャーエールと
いった具合にあくまでジンジャーエールは脇役だった。
けど、B級グルメに聞こえるこんなメニューでもちゃんとしたものをという精神でした。

天然酵母をつかってパンを焼き上げ、具になるカレーや焼きそばもちょっとこだわったものを用意しました。
だからこそ、合わせる飲み物だってちゃんとしたかったから手作りのシロップを使用したジンジャーエールを提供したかったのでした。

そうそう、なぜジンジャーエール?という質問にも答えないと。

それは単に生姜が好きだったから。
ではなくて生姜から作ったジンジャーエールのおいしさに
あるときハマってしまったから。
缶やペットボトルのジンジャーエールしか知らなかった私が
生姜で作るジンジャーエールの存在に気付いたのは、
たいていのものは手づくり出来ておいしいってことを知った30代。
家で作ったジンジャーエールがおいしくて
これはぜったいみんなに飲んでほしい!そんな
お裾分け精神から生まれたのでした。

そして、たまたまあったイベント出店のお誘いで
上のメニューをだしたのがはじまりでした。

いつしか贅肉(?)はそぎ落とされ、気がつけばジンジャーエール屋としての
イベント出店が多くなっていました。
そして、自然発生的に生まれたシロップやジャムの瓶詰め。
もちろん、ここにはグラフィックデザイナーであるオットのバックアップがあってのことでした。

おいしいだけでもダメ。
デザインだけよくてもダメ。

我が家やしょっちゅう
ミーティングと言う名の夫婦喧嘩をし、
ジンジャープロダクツをブラッシュアップしてきました。

デザインのよさに手を取ってくださったお客さまが実際口にしてそのおいしさに
もう一度足を運んでくださる。

これがunetableのジンジャープロダクツの目指すところです。

もちろんそのために
素晴らしい生姜の生産者さんとのご縁をいただき厳選した生姜を
使わせていただけるようになりました。
それは安心、安全はもちろんですが、おいしいが一番の理由です。

デザインはひとつのところに留まることなく、常に先を見据えて
新しいことを提案しています。

現在ジンジャープロダクツはシロップやジャムといった瓶詰めだけでなく
ハンプクロといったジンジャーシロップを入れて繰り返しお使いいただける
帆布製のフクロや缶バッチなどの雑貨もあり、なくてもいいけどあったら
もっと楽しくなるをテーマに進化しております。


ジンジャープロダクツを携え、いろんな場所へ出向き、沢山の方に
直接お会いしてジンジャーのおいしさとたのしさをお伝えしていきたいと思っています。

時には小さなお料理の会やワークショップなども。
近頃、その時間をなかなか取れないのが心苦しいところですが。。。

遠方のお客さまからも今までご面倒をおかけしながらもご注文をちょうだいしておりましたが、今後オンラインというカタチでもっと手軽にご利用いただけますように通販もご用意したいと思っています。
どうぞ、もうしばらくおまちください。

なんか、こんな風に書くと壮大なスケールのようですがあくまで小さな工房でたたひとりで
お作りしておりますので、出来ることを出来るだけの精神で頑張りたいと思います。

2015.6.11記 タケモトかおり

# by dbskaori | 2015-06-10 16:55 | はじめましてユヌターブルです

出張 三方よしの日@なづなテラス


b0027114_18481735.jpg
2015年もあっというまに6月です。いつからかずっと小走りしているような毎日です。
時間の使い方を見直したいと思いつつ前に進むことしか脳のない阿呆な私。

そんなこんなで今月もイベント目白押しです(汗)

ちょうど先月の三方よしの日を数日前に終えたばかりです。
こちらはcoeur邸で月に一度3のつく日に開催している
小さな小さなマーケットですが、個人宅で、少し駅からも遠く
なかなか気軽にお越しいただけないのですが、実は初めて
出張させていただくことになりました。

場所は『陶屋なづな』さんのテラスをお借りします。
そうです、一年前、いくちゃんとイベントをさせていただいた場所です。

今回はcoeurさんとperles de verre さんとご一緒です。
coeurさんはいわずもがなですが、perles de verre さんは何度も三方よしの日にゲスト出店くださったご縁。なづなさんのファンであるという共通点の三人でのイベントが実現しました。

日時---------6/5(金)11〜16時(雨天の場合はなづなさんの店内を一部お借りいたします)
場所---------陶屋なづなテラス

出店者-------perles de verre(彫金アクセサリーのワークショップ)
      詳しくはブログを 
      coeur(天然酵母パンとオープンサンド)
      une table(ジンジャードリンクの提供とシロップやジャムの販売)


売り手よし
買い手よし
世間よし

みっつが揃って三方よし。

みなさまのご協力を賜りながらたのしい一日にできればと思います。
何卒よろしくおねがいいたします。


以下、なづなさんより

『お越しくださる皆様にひとつだけお願い。
お車でお越しのお客様、ご近所のご迷惑にならないよう駐車くださいますよう何卒よろしくお願いいたします。
お問い合わせは0745-55-9117 なづな 大垣まで。』

どうぞご協力よろしくお願いします。

最新の情報はそれぞれのinstagramでも発信していきますので
チェックしてくださいね。



perles de verre
coeur
unetablekaori
# by dbskaori | 2015-06-01 14:51 | 三方よしの日